ダイヤモンドの付いた婚約指輪の人気の理由

希少性の高さと変わらない価値

婚約指輪とは、結婚指輪とは違って宝石が施されたデザインが基本となっています。そして、贈られる側の誕生石や好きな色の宝石がついた指輪が贈られるケースもあるものの、ダイヤモンドが施された指輪が贈られるケースが多いのが実情です。ではなぜダイヤモンドが付いた婚約指輪が人気かというと、まず大きいのは希少性の高さで、この宝石は英国のある会社によって供給量や価格がコントロールされてきた歴史をもちます。そしてその会社の様々なコントロールにより、長い間、希少性とブランド力が下がることなく、宝石界の王様の座に君臨し続けてきました。ダイヤモンドは一つの企業が価値をコントロールしている事は有名で、価値が下がるリスクがないという事は買う側にとって安心材料となっている側面があります。

硬くて透明な点なども人気に関連する

ダイヤモンドのもう一つの特徴として、この宝石は最も硬度の高い宝石である事は老若男女の間で有名です。そして、硬度が高いという事は簡単な事では砕けないという事を意味し、いつまで経っても決して壊れる事のない愛の証という意味でもダイヤモンドが付いた指輪は高い人気があります。また、宝石は色のついたものが大半であるもののダイヤモンドは基本的に無色透明です。そして無色透明という側面に連動し、ダイヤモンドは混じり気のない純粋な愛を連想させる縁起の良い宝石である事も人気の秘訣といえます。その他、まだ人気の秘訣はあり、ダイヤモンドは同じく透明な水晶同様に魔除け効果があるとされており、スピリチュアルなものを信じる人達の間では魔除け効果が強く信じられています。

婚約指輪を大阪で探す方はセレクトショップがおすすめです。 カップルにもおすすめのブランドが揃っています。

© Copyright Contemporary Engagement Ring. All Rights Reserved.